行政書士齊藤学法務事務所 様 法人サポート会員

行政書士齊藤学法務事務所 携帯:090-1799-1438 電話:047-401-5187 Mail:info@gaku-office.com  https://www.gaku-office.com/ 千葉県船橋市山手2-7-20-207

大切な家族(ペット)を守るために

オーナー(飼い主)様の、「長期入院」・「施設入所」・「不慮の事故」…。愛する家族(ペット)のために、このような事態に備えていますか?

このような場合、生命保険や損害保険、ペット保険に入って、「お金」の備えをしている方は多いと思います。 では、そのお金を、家族(ペット)のために誰がどのように使うのか決まっていますか?
えっ!?誰って、ちゃんと考えたことはないな…。お金の準備だけじゃいけないの?
家族(ペット)のためにぜひお考えいただきたいと思います。 それからもう一つ。家族(ペット)のために、「用意したお金」をすべて使ってくれるようにしなければ、意味がありません。オーナー(飼い主)様の望みは、「家族(ペット)の幸せ」なのですから。
たしかに…。用意したすべてのお金をペットのために使ってくれなきゃ、せっかく備えた意味がないよな…。 どうすればいいんだろう?

「ペット信託®」でできること

たとえば、「不慮の事故」でオーナー(飼い主)様が亡くなられたとき

大丈夫! とてもよい方法があります。それが「ペット信託®」です。 おっと、投資の話ではありませんよ。
ペット信託では、

  • 事前に決めておいた「信頼できる人」が、お世話をします。
  • 事前に預けていた「お金」で、お世話をします。
いつ何が起こっても、心配はいらないってことね。しかもこの方法なら、誰にも迷惑をかけずにすむわ。
一人暮らしでも、安心して家族(ペット)と一緒に暮らせるんですね!

家族(ペット)のためにできる最大の備え それが「ペット信託®」です

「ペット信託®」について、皆さまからのお問い合わせが多いものを、ご紹介しましょう。
Q1.「ペット信託®」で預けておくお金は、保険のように積み立てられる?

A1.積み立てていくことは可能ですし、支払われた保険金をあずける(信託)できるようにすることも可能です※。(※すべての保険が可能となるわけではありません)

Q2.預ける(信託する)お金はどのくらい?

A2.決まった金額はありません。さまざまな要素により、準備すべき金額は異なってきますので、ご相談ください。

Q3.お金はどこに(誰に)預けるの?

A3.オーナー(飼い主)様が信頼できる人に預けます。事務的には金融機関に預けることになるのが通常です。

Q4.犬を飼っているが、長男夫婦も次男夫婦も、「自分たちは引き取れない」と言っているが、ペット信託®は使えるか?

A4.大丈夫です。たとえば大切なわんちゃんは、優良な施設でお世話をし、ご長男が、預かっているお金から飼養費用を支出するという方法があります。

Q5.「長期入院」・「施設入所」・「不慮の事故」などの事態を迎えることなく無事に過ごせたら、ペット信託®はどうなるの?

A5.「ペット信託®」の役割は終了です。預けたお金はオーナー(飼い主)様の元に戻ってきます。

Q6.「ペット信託®」はどこで買うことができるの?

A6.「ペット信託®」は投資商品ではありません。そのため「買う」ことはできません。あくまで「オーナー(飼い主)様」と「信頼できる方」との契約です。 行政書士齊藤学法務事務所にて、その仕組みづくりのお手伝いをさせていただき、契約書にまとめ上げるお手伝いをさせていただきます。ご事情によっては、とても優良な飼養施設をご紹介させていただきますので、遠慮なくご相談ください。

初回のご相談はすべて無料です。 お気軽にご相談ください。

“ペットと人を守る仕組み”作りをお手伝い
行政書士 齊藤 学(さいとう がく)

わんちゃんのための信託、猫ちゃんのための信託、どちらの仕組みづくりにも対応できます。

行政書士齊藤学法務事務所
ペット信託®・成年後見・遺言・相続専門
携帯:090-1799-1438 電話:047-401-5187
Mail:info@gaku-office.com
https://www.gaku-office.com/
千葉県船橋市山手2-7-20-207